日本リズム学会 

Japan Institute of Rhythm

 

57例会

 

◎日本リズム学会 第57回例会

日時:2019年9月7日(日)14:30〜17:30
場所:フェリス女学院大学山手キャンパス(神奈川県横浜市)6号館
入場:会員500円、非会員1000円
詳細:http://www.japaninstituteofrhythm.cho88.com/reikai/reikai56.htm 
問い合わせ: JIR事務局 office_jir08@yahoo.co.jp

 

問い合わせ: JIR事務局 office_jir08@yahoo.co.jp

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ プログラム ~ ~ ~ ~ ~ ~


(タイムテーブル)
14:30- 見上潤(発表30分+質疑15分)
15:15- 大久保真由(発表30分+質疑15分)
16:00- 休憩
16:15- 川本聡胤(発表30分+質疑15分)
17:00- ラウンドテーブル(発表者3名でのフリーディスカッション)
17:30- 閉会。以降、懇親会を実施。

 

内容:


旋法とは何か?(第11回)
5度音程による音素材――ラヴェル《水の戯れ》におけるその用法と他の音素材との関連性に関する考察――

見上潤(日本音楽理論研究会、音楽分析学研究会)

詳細未定(追って掲載いたします)

リズム理論の観点から音楽ジャンル分類を考察するーージェントとプログレッシブ・メタルの比較
大久保真由(ピアニスト・キーボーディスト、東京藝大楽理科在学中)

ジェント Djent とは近年インターネットを中心に流行した音楽ジャンルであり、プログレッシブ・メタルに影響を受けて派生したものだと説明されることが多い。両者は楽曲に用いられるリズムが複雑・難解であるという点では共通しているが、リズム理論は必ずしも共通して居るとは言い難い。今回は「分割リズム」「付加リズム」というリズム理論の分類を参照しながら、両ジャンルで多用されるリズム構造を明らかにし、相違点を明確にする。→詳細・プロフィール